メスや注射を使わないから安心!歯科医が行う「ガミースマイル」治療は、短期治療で後戻りなし、しかも噛みあわせも良好!

くろさき歯科のガミースマイル治療の特徴

ガミースマイルとは

ガミースマイルとは笑ったりする時、主に上の歯茎が見えすぎてしまう笑顔をいいます。

笑顔の時に上唇が上がりますので歯茎が大きく見えて、見た目の問題だけでなく笑顔に自信がなくなり口を開けて笑えないなどのメンタルな面にも影響が出てきます。

当院では患者様の症状・悩みに合わせて治療を行っています。

患者様より寄せられる悩みで多いものが

  • ●歯茎が気になって笑うとき口元を気にして思いっきり笑えない
  • ●歯並びは整えたことがあるがその時、歯茎までは診てもらわなかった
  • ●上品な笑顔になりたい

という声が寄せられています。

ガミースマイルの起こる原因

ガミースマイルは上唇と歯茎の間にある口腔前庭部が通常より広いことが原因で起こります。
歯と歯茎の淵から、上唇~歯茎までが長く、上唇が上がってしまう事が原因です。

笑った時に上唇と歯茎の接点まで上唇が押し上げられるため歯茎が大きく露出します。
ガミースマイルになっている方は、上唇が上がるのを過剰に気にするため
思い切り笑えないとメンタルブロックがかかりやすくなります。

ガミースマイル種類

ガミースマイル種類
軽度 

軽度のガミースマイルは歯茎の表れる広さが歯の長さの25%以内

中度  中度のガミースマイルは歯茎の表れる広さが歯の長さの25%~50%の間
高度  高度のガミースマイルは歯茎の表れる広さが歯の長さの50%~100%の間
重度  重度のガミースマイルは歯茎の表れる広さが歯の長さの100%以上

ガミースマイルは患者様により上だけの場合や下だけ或いは全ての場合と分かれます。

原因は様々で発達或いは遺伝的な原因が考えられます。
笑ったときの歯茎の露出量により度合いが変わり、軽度・中度・高度・重症などに症状が分かれます。

口の片側で起こる場合もあれば両方と言う場合もありますが、症状により治療方法が異なりますので不安や悩みがある方は、まずはお気軽にご相談下さい。

あなたの症状に合った最適な治療方法をご提案差し上げます。

治療の流れ:ご相談→検査→検査結果の説明→約2週間後に装置装着→調整2回から6回→3~8か月で治療可能!
小さなお子様を持つお母様へ:

お子様の歯茎が見えてしまい困るお母様へ

子どもなら3か月くらい簡単な装置を着用するだけで改善していきます。
メスを入れませんので、小さなお子様でも怖がらずに治療可能です。

小さなお子様を持つお母様へ:
くろさき歯科の治療方法との比較
  くろさき歯科 注射による方法 外科手術による方法
メスを使わない  × ×
後戻りしない  × ×
治療期間 短い(3~8か月) 短いがアフターが大変 長い
補綴(かみ合わせ)専門医
院長の黒崎は、歯科大学で講師をつとめ、歯学部の学生を指導しています。
また歯科医師向けの講習会(東京と大阪)で講師も務め、歯科医師の指導もしています。
さいたま市で4名しかいない補綴(かみ合わせ)専門医でもあります。
くろさき歯科へのアクセス

〒336-0017
埼玉県さいたま市南区南浦和2-38-1北原ビル4F

くろさき歯科へのアクセス
↑クリックで拡大表示↑